俺の投資スタンス

クラウドクレジットの第6期決算 貸倒れは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
      スポンサーリンク

クラウドクレジットの第6期決算    

クラウドクレジットの第6期決算が官報に載っていました、過去の決算は以前の記事「クラウドクレジットの決算 貸し倒れは大丈夫?」をご覧ください。

 

官報 2018/4/13 リンク近い内に消えます

 

今回は分かりやすくするために、過去三期分をエクセルに纏めました、合ってるとは思いますが、正確性の保証はないので、ご了承下さい、またクラウドクレジットは決算期を変更してるので、ご注意ください。

 

 

利益剰余金というのは、今までの利益・損失の累計みたいなものです、ですので例えば5期の利益剰余金-569,187+6期の当期純損失-195,979=6期の利益剰余金-765,166になります。

 

自己資本比率も増資のおかげでジャンプアップですね、4期~6期の自己資本比率推移、3.7%→8.2%→30.6%です。

 

資本金が減ってるのは、5期に減資してます、ただ安心点として資本剰余金が1,025百万あります、5期の減資分の振り替えと資金調達の実施並びに電通グループとのパートナー提携の開始のお知らせを充てているのでしょう。

 

また2018年4月5日には、第一生命保険及び三菱UFJキャピタルからの資金調達のお知らせで1.3億の資金調達も実施しているので向こう2、3年は大丈夫でしょう。

 

 

ガイアの夜明け効果

クラウドクレジットは2018年1月16日、ガイアの夜明けに取り上げられてから絶好調です、その効果が表れるのが今期ですので、ある意味7期は正念場でしょう。

 

 

 

まとめ

クラウドクレジットはガイアの夜明け効果が決算数値として出るのは今期第七期からです、今期黒字化できれば最高でしょうけど、まだ少し難しいかもしれませんね、ただ赤字幅は少なくなるのではないでしょうか。

 

本当は売上(手数料収入)のトレンドを一番見たいんですけどね、損益計算書は未公開なので分からないですね、ただ当然これだけ運用残高が増えてるとと言う事は売上も増えているでしょうから、プラス材料ですね。

 

クラウドクレジット、会社そのものは当面、2年とかは大丈夫でしょう、以前の記事のコメント欄で当分大丈夫でしょうと答えたのが当たりそうなので一安心です、ただ今期と来期の決算は要注目ですね。

 

OwnersBook

ロドスタは500万円投資中のオーナーズブック!マザーズ上場企業!

海外投資ならクラウドクレジット!

ラッキーバンク

ロドスタは1,000万円以上投資中! 東京ど真ん中案件多数!

なんといっても業界No1!

SBIソーシャルレンディング

なんといってもSBIグループ!

クラウドバンク

証券会社が運営するクラウドバンク!再生エネルギー関連もあり!

LENDEX

東急リバブルの査定結果利用

LCレンディング

ロドスタは500万円投資中

TATERU FUNDING

東証一部上場企業が運営

Rodosuta
    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ソーシャルレンディングランキング!階級別TOP3!201804版

ロドスタの独断と偏見で決める!




ソーシャルレンディングランキング!階級別TOP3!


投資家利回りごとに4階級に分けました。


ランキング記事はこちら

コメントを残す

*