その他

【読書感想文】億男(おくおとこ) 川村元気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
      スポンサーリンク
読書

【読書感想文】億男(おくおとこ) 川村元気

 

普段ほとんど小説の類は読まないのですが、2015年、本屋大賞ノミネートだったり、今秋には映画化されるとか、58万部売れたとかで評判が良いのとタイトルに惹かれたので、たまには小説でも読むかと手にしてみました。

 

登場人物

 

一男(かずお) 主人公 図書館司書とパン工場を掛け持ちして働く 弟の借金3,000万円を背負うことになり、家族の歯車も狂う。

九十九(つくも) 一男の大学からの友人 起業後会社を売却し数百億の資産を持つ、一男とは大学の落研で出会う。

万佐子(まさこ) 主人公一男の妻 一男とは図書館で出会う。

まどか 一男と万佐子の子供 バレエを習ってる。

十和子(とわこ) 九十九と同じ会社で働いていた、九十九とも付き合っていた、会社売却で十和子も10億円手にする。

百瀬(ももせ)九十九と同じ会社で働いていた、同じく会社売却で10億円手にする。

千住(せんじゅん)九十九と同じ会社で働いていた、同じく会社売却で10億円手にする。

 

 

あらすじ

 

3000万円の借金を残して失踪した弟の借金を肩代わりしたことで、自らの妻子との別居を余儀なくされた図書館司書の一男は、たまたま福引で引き当てた宝くじが3億円に当せん。突然のことに呆然とする一男の目に飛び込んできたのはネットの「大金を手にして不幸になった人の末路」情報ばかり。不安に襲われた一男は、大富豪となった学生時代の親友の九十九を15年ぶりに訪ね「お金と幸せについて教えてほしい」と頼むと、九十九は札束をばらまくような乱痴気騒ぎを突如みせつけた翌朝、一男の3億円と共に失踪してしまう。途方にくれる一男は、社会に出てからの九十九のことを何も知らないことをあらためて思い知る。九十九はどんな男だったのか、彼と関わりの深かった元同僚たちに話を聞くことで必死に行方のヒントを探ろうとする一男。いまや億万長者となった彼らが語ったのは、それぞれの「お金と幸せ」についての物語だった…。

 随所に挟まれるソクラテス、ドストエフスキー、チャップリン、福澤諭吉、ビル・ゲイツなど数々の偉人たちの金言もグッとくるが、執着をなくそうとすればするほど、さらに執着が生まれる「お金」の威力に魅入られた億万長者たちの話がまた興味深い。戸惑いながらも「お金とうまくつきあう方法はないのか?」「本当の幸せとは何か?」と実直に問いかけ続ける一男の目線で世界を見渡すと、そうした根源的な問いは自分に向けられたものにもなる。簡単に「プライスレス」とは言い切れない「欲」を、私たちはどうしたらいいのだろう。九十九を探す一男の旅は、私たち自身が私だけの答えを探す旅でもあるのだ。

https://ddnavi.com/review/444959/a/

 

ロドスタ感想    

あまりあらすじを詳細に書くと、ネタバレするのでアレですけど、アッという間に読める感じでの本でした、著者である川村元気さんが映画プロデューサーとの事で、はじめから映画化を視野に入れてたのかも知れません、それと軽く読めるのも関係あるのかなと感じました。

 

「お金」をテーマにした作品で、「お金」とは「幸せ」とはと言った哲学的な内容になっています、私個人的には共感する部分あり、そうでもない部分ありでしたが、九十九が最後の辺りでいった言葉の一部「お金と幸せの答え、それはひとつではない。人間すべてひとりひとりに解がある。」がしっくり来ると感じました。

ちなみに、落語の「芝浜」が物語のキーになっているので、事前に知っておくと、より楽しめると思います。

 

まとめ    

まぁまぁ面白かったですね、暇つぶしには良いと思います、映画化されるとのことで、映画見たほうが早いかも知れません。

※今後読書感想文シリーズは直接投資に関係ない作品も対象にしようと思います。

 

 

OwnersBook

ロドスタは500万円投資中のオーナーズブック!マザーズ上場企業!

海外投資ならクラウドクレジット!

なんといっても業界No1!

SBIソーシャルレンディング

なんといってもSBIグループ!

クラウドバンク

証券会社が運営するクラウドバンク!再生エネルギー関連もあり!

LENDEX

東急リバブルの査定結果利用

LCレンディング

ロドスタは500万円投資中

TATERU FUNDING

東証一部上場企業が運営

Rodosuta
    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ソーシャルレンディングランキング!階級別TOP3!201804版

ロドスタの独断と偏見で決める!




ソーシャルレンディングランキング!階級別TOP3!


投資家利回りごとに4階級に分けました。


ランキング記事はこちら

コメント

  1. しょう より:

    こんにちは。

    今年、映画化されるということで、私も気になったので早速図書館で借りてきました。
    なかなか、ミステリックな小説ですね。一気に読んでしまいましたよ。

    テーマは「お金と幸福とは?」ということですが、宝くじで3億円当たって、そこから実際には起こりえないような話がいろいろと続いていきます。

    この本を読んで、九十九や彼の友人が【あの人】と似てるんじゃないかと思ったんです。
    【あの人】とは、ペンネーム【BNF】さんです。15年ほど前にジェイコム株の誤発注問題で20億円を稼いだ彼です。

    彼は150万円から投資を始めて、途中200億円まで増やし、その内の半分を不動産投資に回して、なんと現在は700億円ほど持っているそうです。

    そんな彼は、九十九や友人達とよく似ているなあと思いました。みんな大金持ちであるが、十和子の平凡な団地生活とか、百瀬の一円を大切にするという考え方など【BNF】さんそのものです。

    ユーチューブで【BNF】さんの動画がありましたので良かったら見てください。彼はお金が欲しくて株取引をやっているのではないといいます。まさにお金の仙人です。

    考え方が考え方ですので、これからもどんどん資産が増えていくのでしょう。

    https://www.youtube.com/watch?v=La-WIYNjgoY&t=3s

    映画が公開されたら、ぜひ見に行きたいと思っています。

    1. ロドスタ より:

      コメントありがとうございます。

      BNFさんは本当に凄いですね、私はほとんど短期売買しないので、別世界の方として見ています。

      ああいう手法は本当に特殊な才能だと思います。

コメントを残す

*