ソーシャルレンディング業者紹介

オーナーズブック エクイティ投資準備OK!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
      スポンサーリンク
ネット完結

オーナーズブック エクイティ投資準備OK

オーナーズブックの親会社ロードスターキャピタルのホームページにエクイティ投資に関するIR情報が載っていました。

エクイティって何?って方は過去記事「オーナーズブック、LCレンディングはエクイティ型に向かう」も読んで頂けると幸いです。

 

エクイティ投資型商品の提供に向けた登録の完了に関するお知らせ

ロードスターキャピタル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:岩野達志、以下当社)は、2018 年 1 月 19 日(金)付にて投資運用業及び電子申込型電子募集取扱業務の登録を完了いたしましたのでお知らせいたします。

当社は「不動産とテクノロジーの融合が未来のマーケットを切り開く」という経営理念を掲げ、不動産投資の分野における高い専門性を活かしてフィンテック領域の事業拡大を推進してまいりました。

この度の投資運用業及び電子申込型電子募集取扱業務の登録完了により、これまで不動産のプロに限られてきた不動産投資を、クラウドファンディングの手法を用いて一般の方にも開放することが可能になります。

金融商品取引法を根拠法として不動産のエクイティ部分に個人も投資でき(投資運用業)、かつインターネット上で契約行為の完結を可能とする(電子申込型電子募集取扱業務)各種登録の完了は、当社が日本で初めてとなります。

当社はこれをエクイティ投資型クラウドファンディング事業と位置づけ、今後、エクイティ型の第一号案件の組成に向けて準備を進めてまいります。

■登録の背景
~プロ限定の市場を個人投資家に開放~
これまでの不動産投資市場の参加者の多くは不動産会社・金融機関・ファンド等のプロ投資家であり、資金面でも情報面でも個人が参加できる場は非常に限定的でした。

当社はクラウドファンディングを通じて、プロが厳選した不動産投資案件に個人投資家も参加できるようにすることによって、不動産投資を個人にもより身近なものとし、かつ、不動産投資マーケットの健全な発展に貢献していくことを目指しております。

 

 

 

 

■エクイティ投資型商品の特徴
(1) 当社の投資基準を満たした案件に個人投資家も投資可能
不動産投資業界は、プロ投資家と個人投資家との間で入手できる情報の量や質に偏りがあるのが現状です。

エクイティ投資型商品では、当社が入手する膨大な物件情報の中から投資基準を満たした不動産案件のみを『OwnersBook』に掲載します。これにより、従来はプロ投資家が中心となっていた不動産投資案件に個人投資家もアクセスできるようになります。
また、エクイティ投資型商品では 1 物件単位で投資可能となるため、投資家の皆様は個々の不動産ごとに投資判断を行い、独自のポートフォリオを構築することが可能になります。

(2) 不動産投資会社と同じリスクリターンを個人も享受
当社は、外資不動産ファンド・運用会社出身の従業員や不動産鑑定士を多く擁しており、これまで自己投資案件を通じて実績を重ね、成長してまいりました。エクイティ投資型商品では、個人投資家も不動産投資のプロがリスクリターンを計算した案件に投資できることになります。

(3) 不動産投資商品の多様化による投資機会の拡大
これまで、個人投資家にとって不動産投資とはマンションやアパートといった不動産への直接投資、もしくは J-REIT への投資という間接投資のほぼ2択でした。

不動産への直接投資では物件選定や運営管理にノウハウが必要な上に準備資金や管理コストが大きいという課題があり、また J-REIT への間接投資ではリターンが物件から得られる本来の利回りほど高くない、かつ投資口の時価評価は株式市場との連動性が大きい、という状況となっています。

エクイティ投資型商品は、個人投資家の労力を抑えつつも比較的少額な投資で不動産投資本来の利回りの享受が可能なミドルリスクミドルリターンの商品となる予定です。当社は既存の貸付型商品にエクイティ投資型商品を加えることで、個人投資家の皆様に多様な不動産投資商品を提供してまいります。

■ロードスターキャピタルが考える不動産投資の将来像
~10 億円のプロ投資家と 1 万円の個人投資家が対等に~
不動産投資市場が個人投資家にも開かれたオープンなマーケットとなっていくことで、個人投資家にとっては新しい資産運用が可能となり、不動産投資市場にとってはその投資マネーが新たな資金供給源になります。

これにより、弱含むマーケット環境においても個人投資家の資金が不動産投資市場の急激な変化を抑えることで、不動産投資市場の安定化につながると考えております。

参照:エクイティ投資型商品の提供に向けた登録の完了に関するお知らせ https://loadstarcapital.com/ja/ir/irnews/auto_20180122454015/pdfFile.pdf 

 

オーナーズブックサイドはなにが得なの?

エクイティ投資の分野に進出することでオーナーズブック側はなにが得なの?と疑問に感じた方、鋭い疑問ですね!

オーナーズブック側は収益の機会が以下の様に増えます。私が黄色のマーカー引いた部分が増えます。

エクイティ投資

 

ロードスターキャピタル 2017年12月期 第3四半期決算説明資料 P18

https://loadstarcapital.com/ja/ir/irnews/irnews469023474018699890/main/0/link/2017Q3kessansetsumei.pdf

 

ロドスタチェック

私が注目したのは以下の部分です。

■ロードスターキャピタルが考える不動産投資の将来像
~10 億円のプロ投資家と 1 万円の個人投資家が対等に~
不動産投資市場が個人投資家にも開かれたオープンなマーケットとなっていくことで、個人投資家にとっては新しい資産運用が可能となり、不動産投資市場にとってはその投資マネーが新たな資金供給源になります。

これにより、弱含むマーケット環境においても個人投資家の資金が不動産投資市場の急激な変化を抑えることで、不動産投資市場の安定化につながると考えております。

 

今まで閉ざさてた不動産投資市場を個人にも開放することにより、個人の資金で不動産市場の安定化を図る、非常に大きな目標というか志ですね、壮大な夢と言っても過言じゃないでしょう。

個人のお金で1兆円とかあつめる事ができたら、世の中が変わるかも知れませんね。

 

まとめ

もちろんまだ案件も出てない状態なので、なんとも言えませんが非常に興味深い内容ですね。

LCレンディングや新規参入のビットリアルティもこれにはかなり注目してるでしょう、各社が激しく競争して頂き投資家にとってメリットとなる事を祈ります。

ある意味日本の不動産市場を変えると言っても過言ではないくらいの大きな志です、岩野達志社長、その名が表す様に志を達成することはできるのでしょうか?

 

 

OwnersBook

ロドスタは500万円投資中のオーナーズブック!マザーズ上場企業!

海外投資ならクラウドクレジット!

ラッキーバンク

ロドスタは1,000万円以上投資中! 東京ど真ん中案件多数!

ロドスタは5,000万円以上投資中!業界No1!

SBIソーシャルレンディング

ロドスタは500万円投資中! なんといってもSBIグループ!

クラウドバンク

証券会社が運営するクラウドバンク!再生エネルギー関連もあり!

LENDEX

東急リバブルの査定結果利用

LCレンディング

ロドスタは500万円投資中

ソーシャルレンディングランキング!階級別TOP3!201801版

ロドスタの独断と偏見で決める!




ソーシャルレンディングランキング!階級別TOP3!


投資家利回りごとに4階級に分けました。


ランキング記事はこちら

コメントを残す

*