ソーシャルレンディング業者紹介

東証一部トーセイがクラウドファンディング参入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
      スポンサーリンク
新人

東証一部トーセイがクラウドファンディング参入

先日の記事「タカラレーベンインフラ投資法人の特徴」でタカラレーベンインフラ投資法人のIRセミナーに参加した事を書きましたが

同じ日にソーシャルレンディングに新規参入を表明していたトーセイ株式会社のセミナーもあったので、参加して来ました。

 

 

 

トーセイの主な事業

お話してくれたのは、取締役専務執行役員 平野昇氏です、トーセイの主な事業は以下の5つです。

 

  • 不動産流動化
  • 不動産開発事業 
  • 不動産ファンド・コンサルティング
  • 不動産管理事業
  • 不動産賃貸事業

 

各々の割合は以下の様な感じです。

 

参照トーセイHP https://www.toseicorp.co.jp/docs/180130_Presentationmaterials.pdf

 

ちなみに不動産流動化とは

 

用語集:不動産流動化

不動産を裏付けとする有価証券(不動産からの収益を裏付けとした配当を受ける権利を有する証券)を特別目的会社(SPC)や特定目的信託(SPT)等を利用し、発行することで資金調達を行うことです。「不動産証券化」ともいいます。資本市場から直接資金を調達できることや、保有不動産を分離することにより資産圧縮ができることに意義があるといわれています。また別の意味で、利用価値が低下しているオフィスやマンションなどをリフォームやリニューアルなどによって利用価値を向上させる不動産再生事業の1つとして使うことがあります。

 

参照:三菱UFJ信託銀行 https://safe.tr.mufg.jp/cgi-bin/toushin/tsl.cgi/knowledge/vocabulary/399.html

 

上記の様に「不動産証券化」の意味で使う場合と、「不動産再生・リノベーション」の意味で使う場合がありますので注意しましょう、ちなみにトーセイでは「不動産再生・リノベーション」の意味ですね。

 

トーセイを知るキーワード

  • 東京圏に特化 
  • 不動産開発・中古不動産再生
  • 独自性のある総合不動産会社 ポートフォリオ経営

 

総合不動産がトーセイの強み

平野専務曰く、上場不動産会社で順位付けすると、売上とか、自己資本とか利益とか色々加味するとトーセイが30番位、トップは三井・三菱・住友等の財閥系、次に電鉄系の会社、全然別の業者だが不動産をたくさん持ってるイオンとかNTT都市開発がある、その次に独立系のトーセイが続くとの事、財閥でもにバックに電鉄もない、独立の会社で総合不動産はトーセイ位との事。

 

東京は住居やビジネス街が混在しているのでマンションに特化するより、なんでもできるのが強み、更地からマンションも建てるし、オフィスも建てる、中古の再生もする、それが強みとの事。

 

例えば、仲介会社がマンションデベロッパーの会社にオフィスに適した土地持って行っても話にはならないし、オフィスしからやらない会社に住宅地持って行っても仕方がない、だが仲介会社はトーセイに持って行けばなんでも検討してくれるので仲介会社からありがたがられてるので、情報も集まり易いとの事。

 

ロドスタチェックポイント

私が個人的に説明の中で参考になると思ったポイント

 

旧耐震基準

トーセイは旧耐震基準は取り壊すそうです、更地にして建物を建てると言われました。

 

大手不動産会社が中古不動産のリノベーションをしない理由

  • 中古直すのは手間が掛かるし、そこまで見違える訳でもない。
  • 大手は名前も通ってるし、どこの誰が作ったか分からないビルを買って、直して売って、なにかあったら売り手の責任になるから。(瑕疵担保責任)

とトーセイの専務が言ってました。

ソーシャルレンディングでも

ソーシャルレンディングでもいわゆるリノベーション、中古再生などを見かける事もありますが、大手が参入してこない理由はそういうところにあったのですね。

 

ちょっと応用して考えると、ソーシャルレンディングを通して中古リノベーションを行う不動産会社Aに投資→不動産会社Aが売却→投資家は分配金受け取る、という一連の流れの後で、不動産Aの売却物件に瑕疵があり巨額の賠償責任を負ったため資金繰り悪化→不動産会社Aの他のリノベーション案件にも影響でるなんて事も最悪なくにはないですね。

 

 

新規参入のソーシャルレンディングに関して

ソーシャルレンディング投資家の皆さんが気になる部分、クラウドファンディング事業については、新中期経営計画の新規事業の展開のページに少し書かれていました。

 

 

しかし大変残念なのですが、あっさり省略されました、平野専務クラウドファンディングへの言及一切なしでした。

 

まとめ

クラウドファンディングに関しての言及はありませんでしたが、東証一部上場企業がクラウドファンディングに参入してくるのは、業界活性化にもつながるでしょうね。

 

 

OwnersBook

ロドスタは500万円投資中のオーナーズブック!マザーズ上場企業!

海外投資ならクラウドクレジット!

ラッキーバンク

ロドスタは1,000万円以上投資中! 東京ど真ん中案件多数!

なんといっても業界No1!

SBIソーシャルレンディング

なんといってもSBIグループ!

クラウドバンク

証券会社が運営するクラウドバンク!再生エネルギー関連もあり!

LENDEX

東急リバブルの査定結果利用

LCレンディング

ロドスタは500万円投資中

TATERU FUNDING

東証一部上場企業が運営

Rodosuta
    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ソーシャルレンディングランキング!階級別TOP3!201801版

ロドスタの独断と偏見で決める!




ソーシャルレンディングランキング!階級別TOP3!


投資家利回りごとに4階級に分けました。


ランキング記事はこちら

コメントを残す

*