俺の投資スタンス

ソーシャルレンディングとゴルフ 貸倒れの危険性は!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
      スポンサーリンク
golf / golfer

ゴルフ場とソーシャルレンディング

先日マネオで、さくらソーシャルレンディングを通してゴルフ場の案件がありました、私自身は投資してないのですが、ソーシャルレンディングでもゴルフ場案件はタマに出てくるので、ゴルフ業界の勉強も兼ねて、記事にしたいと思います。

ちなみに私自身はゴルフはやりません。

 

ゴルフ業界も斜陽産業?

パチンコ業界ではパチンコ人口の減少が進んでいます、この点は散々マスコミも報道してるので、ご存知の方も多いと思います、一方あまり報道されませんが、ゴルフ人口も結構減っています。

 

東洋経済2017年5月の記事で「20年で市場規模が半減!「ゴルフ」が消える日」とのタイトルで記事がありました、確かにゴルフは時間も掛かるでしょうし、1日仕事になってしまいますよね。

若い人はプライベートを大事にする傾向があるので、接待ゴルフとかも敬遠するでしょうね。

 

実際の案件  

実際の案件を見てみましょう。

 

https://www.maneo.jp/apl/fund/detail?fund_id=4508

 

地方のゴルフ場4件 ゴルフ場としての評価額21億5,000万となっています、実際の担保価値はなかなか読みづらいですよね、ハッキリ言ってゴルフ場なんか田舎にあるわけだし、他に転用するのも難しいですよね、最近は太陽光発電用の土地として利用されたりもありますが、買い叩かれていると考えるのが普通でしょう。

 

ゴルフ場再生

世の中には色んな商売があって、ゴルフ場を運営したり、再生する様な会社もあります。   

例えば年配の人ならご存知であろう、「オー人事、オー人事」のスタッフサービスグループの創業者岡野保次郎氏がスタッフサービスをリクルートに売却した資金で始めたOGIグループ、今はGIグループとなっていますが、その会社を親会社に持つアイランドゴルフという会社があります。

 

GIグループは結構苦戦してるみたいですが…「スタッフサービス」創業者、岡野保次郎 「OGIグループ」で300億超焦げ付く ”上場ゴール”で起死回生か

 

アイランドゴルフ

そのアイランドゴルフですが、オーナーチェンジサポートという事業もおこなっています、ちょうど今回の案件をイメージするのにピッタリですね。

 

オーナーチェンジサポート   

ゴルフ場という「資産」は、オーナー様が持つステイタスと社会性への大きな魅力となり得ます。アイランドゴルフは、売却対象となったゴルフ場を一旦所有し、自らの運営により経営改善を行なった後、安定した新たなオーナー様に引き継ぐ「オーナーチェンジサポート」サービスを展開しています。

参照アイランドゴルフHP:https://www.island-golf.co.jp/business/

 

運営ゴルフ場

運営ゴルフ場は現在7つあるようですね、HPに書かれています。

 

 

まぁなぜだか、「さくらソーシャルレンディングセレクトファンド 第2弾 47号(案件1:DU社、案件2:AN社)」の案件の担保の所在地とホール数が一致しますね、全部ではないですが。

 

まとめ   

もちろん無事売れれば問題ないでしょうし、勝算があるからマネオ・さくらソーシャルレンディングも募集するのだと思いますが、不動産市況の悪化、景気の悪化などがあれば、ゴルフという性質上、影響を受けやすいでしょう。

それを見越した上での募集額なんだとは思いますが、万が一の時は転用が効きにくい、流動性が少ないので厳しいのではと私ロドスタは思います、あくまで万が一の時の場合の話です。

 

 

   

OwnersBook

ロドスタは500万円投資中のオーナーズブック!マザーズ上場企業!

海外投資ならクラウドクレジット!

ラッキーバンク

ロドスタは1,000万円以上投資中! 東京ど真ん中案件多数!

なんといっても業界No1!

SBIソーシャルレンディング

なんといってもSBIグループ!

クラウドバンク

証券会社が運営するクラウドバンク!再生エネルギー関連もあり!

LENDEX

東急リバブルの査定結果利用

LCレンディング

ロドスタは500万円投資中

TATERU FUNDING

東証一部上場企業が運営

ソーシャルレンディングランキング!階級別TOP3!201801版

ロドスタの独断と偏見で決める!




ソーシャルレンディングランキング!階級別TOP3!


投資家利回りごとに4階級に分けました。


ランキング記事はこちら

コメントを残す

*