俺の投資スタンス

速報 グリーンインフラレンディング VS maneo 貸倒れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
      スポンサーリンク

速報 グリーンインフラレンディング VS maneo

 

7月1日の日曜日になんとも言えないお知らせがJCサービスのホームページに記載されていました。

 

 

JCサービスのホームページ

 

JCサービスのホームページ上で以下のお知らせがありました。

弊社の子会社である株式会社グリーンインフラレンディングによるファンド募集につきまして、以下の通りお知らせ致します。

私ロドスタが太字編集

 

 

2018年7月1日

お客さま各位

   

株式会社JCサービス

   

グリーンインフラレンディングについて

 

弊社の子会社である株式会社グリーンインフラレンディングによるファンド募集につき

まして、以下の通りお知らせ致します。

株式会社グリーンインフラレンディングは、maneoマーケット株式会社より、募集中

のファンドにおける「開発資金」として募集された資金が最終貸付先企業における募集対象案件に対して募集に先行して自己資金により支出を済ませた資金に充当されており、このままファンドの募集を継続することが適切でないとの指導を受けましたので、かかる指導に基づき、対象ファンドに関しては募集を停止するとともに、他のファンドについても資金の使途に関する同社の確認が完了するまでの間、新規の募集を一時見合わせることとさせて頂いていました。

株式会社グリーンインフラレンディングは、「開発資金」とは、案件開発に係る開発着手か

ら開発完了に至る一切の資金を指し、対象ファンドにおける対象事業に対する支出済みの

資金を含めて案件開発のための全ての資金との認識の下、ファンド募集の際の内容の表示

に「開発資金」との文言を用いて参りましたが、今回のmaneoマーケット株式会社からのご指導を踏まえ、今後適切な対応を行っていきたく考えていたところです。

このような状況の中、株式会社グリーンインフラレンディングの HP において、6月29

日、maneoマーケット株式会社により、株式会社グリーンインフラレンディング及び弊社に対して事前の説明等もなく、一方的に、「ファンド募集停止等のお知らせ」を掲載し、「投資家の皆様にご説明申し上げていた使途とは異なる使途に一部資金が使用されたものと評価せざるを得ない」とし、「今後のファンドの募集」を停止するとの「お知らせ」が掲載されました。

株式会社グリーンインフラレンディング及び弊社としては、maneoマーケット株式

会社に対しまして「資金の使途に関する同社の確認」のための作業に協力してまいりました

が、同社が事実関係の十分な精査確認もないまま、一方的に、自社の見解をもとにこのような対応をされたことは大変遺憾であります。

また、一部報道において、ファンドで募集した資金の一部が投資家への事前の説明と異なり融資先の企業から弊社の関係会社または関係者に渡ったかのような記載がありますが、そのような事実はありません。

ファンドに応募して頂きました投資家の皆様に対しましてはご迷惑をお掛けすることの

ないように致します。皆様には多大なるご心配をお掛けし、深くお詫び申し上げます。

何卒ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

以 上

参照JCサービス http://jcservice.co.jp/news/20180701.pdf

もうmaneoマーケットとグリーンインフラレンディングがある意味対立関係にあるのは間違いないでしょうね。

 

正直な所

以前の記事「グリーンインフラレンディング 親会社からのお知らせ」に”連携はとれているのか”といった旨をチラッと書きましたが、これは完全にmaneoマーケット、グリーンインフラレンディング連携は取れてませんね。

 

グリーンインフラレンディングが追加募集を急に行って、キャンセルした時から、なんかmaneoマーケットとグリーンインフラレンディングが連携取れてないな、グリーンインフラレンディングが勝手に募集したんだろうな位の印象は抱きましたが、あまり憶測記事もどうかと思って書きませんでしたが、もうここまで来れば決定的ですね。

 

maneoマーケットの発表もグリーンインフラレンディングのHP上だったり、グリーンインフラレンディング(JCサービス)の発表はJCサービスのHP上だったりと、なにか水面下でmaneoとグリーンインフラレンディングが上手くいってない様な気がしましたが、悪い予想が当たってしまいました。

しかも日曜日に発表なんてのは、当然マネオ(maneo)側も知らないのでしょう。

まとめ

maneoから何らかの救いの手がグリーンインフラレンディングやJCサービスにあるのかと淡い期待がありましたが、期待は捨てたほうが良いでしょうね。

 

まぁ私もタイに5年住んでましたが、タイで事業するとかになると、いわゆる賄賂なんてのは当たり前ですから、全部ヒックリ返したら日本の基準で考えると、とんでもない事にはなっているでしょうが、日本は厳しいからね。

 

「ファンドに応募して頂きました投資家の皆様に対しましてはご迷惑をお掛けすることのないように致します」

 

上記JCサービスの発表の一文ですが、ちょっと厳しいかも。

 

OwnersBook

東証マザーズ上場企業 不動産プロ集団

SBIソーシャルレンディング

なんと言ってもSBIグループ

LCレンディング

LCホールディングス保証付きがおすすめ

TATERU FUNDING

東証一部上場企業

<

 

海外投資ならクラウドクレジット!

クラウドバンク

証券会社が運営するクラウドバンク!再生エネルギー関連もあり!

LENDEX

東急リバブルの査定結果利用

【201804】ソーシャルレンディング ランキング

独断と偏見で決める


ソーシャルレンディング事業者ランキングTop3


【201804】ランキング記事

コメント

  1. ゆっくり より:

    いや~、DE社=JCサービスという淡い期待は見事に外れました。
    しかし、
    「ファンドに応募して頂きました投資家の皆様に対しましてはご迷惑をお掛けすることのないように致します」
    との一文に期待を繋ぎたいと。
    「しっかり儲かる仕事やってるんだから、maneoの手を借りずになんとかしたろやないか!」みたいな事だといいのですが。
    まあしかし、見え透いた改善策を発表したラキバンよりはまだ期待してますわ。
    もう両方とも心の中では、引き当て精算済みですが。

    1. ロドスタ より:

      DE社=JCサービスではないと思います。
      事業性資金支援ローンファンド274号のD社がJCサービスなんじゃないかなと。
      https://www.maneo.jp/apl/fund/detail?fund_id=2164

      ただJCサービスの作ったSPCなのかなとは思ってるんですが。

  2. JKサービス より:

    ロドスタ様、こんにちは。

    ラキバンとグリフラで資産の10%ほどをヤられている私です。
    当事者の方々は、自分と同じように不安に駆られていると思います。

    貸金業でお勤めされていたロドスタ様に、どうしても聞きたいことがあります。

    「そもそも論」として、

    ・ソシャレンに投資しました

    ・ところがソシャレン業者が「グダり」ました(不祥事、処分など)

    ・業者「グダついちゃって、利息払えない!リファイナンスも出来ないから、お金返せない…!ごめんね~…」

    が、法人たるものに、まかり通ってしまう世界なのでしょうか??

    投資した立場としては、これも「そもそも論」で、

    「は?担保あったよね?」

    と思うのですが、まるで担保が無いかのような空気を感じてしまうのです。

    そんなユルイの?個人の消費者金融でお金返せなかったときの仕打ちよりユルくない?と思ってしまいます。

    ロドスタ様の所感としては、どう思われますか?
    お聞きできれば、幸いです。

    1. ロドスタ より:

      コメントありがとうございます。

      以前の記事

      https://key-factors.com/my-investment-stance/sociallending-nonbank

      でも少し書きましたが、自社グループ内で貸付とかってのは、もう実質貸金業者ではないですよね。

      普通他人に貸してれば、そもそも担保もキチンと査定するでしょうし、督促だって真面目にやりますよね。

      (まぁ営業成績欲しさに担保査定ゆるくする可能性はありますが..)

      自社グループ貸付は最低でもLCの保証の様なものがないと投資しない方が良いでしょうね。

コメントを残す

*