俺の投資スタンス

ラッキーバンクから早期償還 行政処分説明はまだ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
      スポンサーリンク
祈り

ラッキーバンクから早期償還 行政処分説明はまだ?

2018年4月27日に、ラッキーバンクから早期償還のメールが届きました、今回はその事について記事を書いてみたいと思います。

 

早期償還のメール  

メールの一部を抜粋させて頂きます。

 

投資中の下記プロジェクトにて期限前返済が行われる予定です。

 

期限前返済が行われるプロジェクトの情報:

ファンド名「【10/18募集】第357号ローンファンドLucky Bank 登録ユーザー6,000名突破記念」

プロジェクト名「東京都江東区不動産担保ローン」

https://www.lucky-bank.jp/fund/detail?id=361

 

本プロジェクトに係る、お客さまの投資元本の償還、

及び最終の分配金の分配は、下記の分配予定日に、投資用口座に充当されます。

 

分配予定日:2018年05月11日

 

 

早期償還案件

 

 

私ロドスタの場合は該当する案件には60,000円しか投資してないので、あまり意味ないです。

 

少し調べてみた

 

江東区のこちらの案件、鑑定評価が354百万、極度額336百万となっています。

 

 

貸付履歴

 

 

※私自身が目視で作ったので正確性の保証はありません。

 

第300号から357号で32,200万円集めて、ここまでほぼ同時期、そこから303号の返済完了予定(2018年2月28日)が来たので、420号(募集開始2018年2月6日)でリファイナンス。

 

しかし行政処分勧告があったため(2018年2月20日)、302号や305号に関してはリファイナンスできず、延長となったのが実態でしょう。

 

そもそも同一案件でも返済予定日が違う    

そもそも同一案件であってもラッキーバンクの場合、最初から返済日がファンド(○○号)ごとによって違いがあります、今まではリファイナンスが出来たので問題が表面しなかったが、行政処分から新規募集を停止してるので、それが今表面化しているのが実態でしょう。

 

前回同様延滞ファンドも

おそらくですが、以前の記事「ラッキーバンク 延滞?延長?貸倒れ!?」の様な形で5月1日の返済日に間に合わないファンドも、複数でてくるでしょう。

 

 

まとめ   

この記事を書いている時点では、いまだラッキーバンクから行政処分に対する詳細説明はありません、悲しいかなGWもあるので、まだ時間が掛かりそうですね、この点は金融庁とのすり合わせが上手く行ってないのでしょう。

 

私自身の考えでは、以前から言っている通り、不動産市況の好調とラッキーバンクが誠実に対応してくれるなら(担保権行使)するなら、最悪でも元金毀損はマイナス20%位かなと考えています。

 

   

OwnersBook

ロドスタは500万円投資中のオーナーズブック!マザーズ上場企業!

海外投資ならクラウドクレジット!

ラッキーバンク

 東京ど真ん中案件多数!

<

なんといっても業界No1!

SBIソーシャルレンディング

なんといってもSBIグループ!

クラウドバンク

証券会社が運営するクラウドバンク!再生エネルギー関連もあり!

LENDEX

東急リバブルの査定結果利用

LCレンディング

ロドスタは500万円投資中

TATERU FUNDING

東証一部上場企業が運営

Rodosuta
    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【201804】ソーシャルレンディング ランキング

独断と偏見で決める


ソーシャルレンディング事業者ランキングTop3


【201804】ランキング記事

コメント

  1. 通りすがり より:

    うんうん短いですが値千金の記事ですね。早期償還おめでとうございます。金額が少ないのは残念ですが。どっかの掲示板で「早期償還来た」言われもねえ。ここに書かれれば安心です。
    少なくとも先方は「逃げも隠れもしてない」言うことがわかっただけでも。

    1. ロドスタ より:

      コメントありがとうございます。

      記事にも書いてますが、ラッキーバンクは、もともと返済予定日が違うのですが
      今まではリファイナンスで延滞が目立たなかったんでしょうね。

コメントを残す

*