俺の投資スタンス

【分配日】201711 maneoステータス案件と立ち回り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
      スポンサーリンク
スロット

2017年11月分配日

毎月上旬はソーシャルレンディング各社の分配日が多いですね、私の投資している会社ではmaneo(マネオ)とLCレンディング、ラッキーバンクの3社から分配金を頂きました。

今回はmaneo(マネオ)のステータス案件を中心に、2017年11月上旬の分配日の立ち回りについて書いてみたいと思います。

 

maneo(マネオ)社長瀧本憲治氏のブログ

本題に入る前に今回記事にも関連するのでmaneo(マネオ)社長瀧本憲治氏のブログを紹介させて頂きます。

分配日の前、2017年11月6日にmaneo(マネオ)社長 瀧本憲治氏のブログに「ファイナンス一気通貫は、役満です。1万6千点オール!場に持って集合!」のブログ記事がアップされました。

詳細は瀧本憲治氏のブログを読んでもらうとして、プレリートファンドという会社が新しくmaneo(マネオ)ファミリーに加わり、新しいプラットフォームが出来ると書かれてるのですが、私ロドスタはかなり興味を持っています、完全な私の推測ですがダヴィンチホールディングス、もしくは元ダヴィンチホールディングスの人などの絡みなのかななどと妄想しています。

 

参照 国税庁: http://www.houjin-bangou.nta.go.jp/

プレリートファンド株式会社は国税庁の法人番号公表サイトにも載ってましたmaneo(マネオ)と同じ住所ですね。

私ロドスタはかなりこのプレリートファンドに興味を持っています、現時点で詳細は不明ですが、かなり期待をしています、ですので今回の分配日は、今後資金をプレリートファンドに移動させる事も頭の片隅に入れて臨みました。

 

2017年11月分配日

LCレンディング

 

 

今回LCレンディングさんからは45,195円の分配金が入ってきましたので、その内40,000円を

LCセレクトファンド213号に投資致しました、こちらの案件はすでに出口が決まっている案件(LCグループのREIT)なので安心ですね、LCレンディングさんは分配日にあわせて案件を出してくれて、投資可能額も少額からOKだし、貸付実行日までの日数も短いので使い勝手が良いですね。

 

ラッキーバンク

 

 

ラッキーバンクからは57,863円の分配金を頂きました、ただ投資は出来てません、なぜなら私の投資可能額は50,000円なので、上記の「【11/8募集】第369号ローンファンド Lucky Bank 登録ユーザー6,000名突破記念」の様な案件は最低投資額70,000円に満たないので、投資が出来ません。

ラッキーバンクは人気の業者なので仕方ないかも知れませんが、投資可能金額のハードルが高いと、再投資時に困ってしまいますね、残念ですが次回分配日を待つしかないのかも知れません。

 

maneo(マネオ)

maneo(マネオ)はステータス制度の絡みもあり、立ち回りが非常に困難です、以前の記事「maneo(マネオ)ステータス制度 踊らされてるのは俺だった」にも書いたのですが、maneo(マネオ)のステータス案件の運用はスーパーのタイムセール方式からゲリラ作戦に変わってきていると私ロドスタは考えています、そこで今回の分配日もステータス案件待ちの作戦を取りました、またこの記事の最初に書いた様に、今後資金をプレリートファンドに移動させる事も頭の片隅に入れて臨みました。

 

それではmaneo(マネオ)の2017年11月の分配金と投資先を見てみましょう。

 

 

 

2017年11月の分配金は8,261,482円、今回は多かったですね、来月も現時点では5,562千円の分配予定となっています、私の予測では早期償還が増えるので、まだ増える気もします。

 

不動産担保付きローンファンド918号に50万円 不動産担保付きローンファンド919号に350万円投資致しました、この案件不動産担保付きローンファンド910号~919号の計20件は同一の案件になります、募集総額は7億円、全てブロンズ以上のステータス案件です、つまり私ロドスタは400万円投資したことになります、案件を分けたのには深い意味はありません。

東京都中央区の案件

 

東京都中央区で担保順位1位で販売予定額10億ですから、問題ないと私ロドスタは判断致しました、また11月9日に募集して貸付実行が11月10日なのも良いです!

物件評価額が販売予定と言うのが少し気になりましたが大丈夫でしょう、私の経験からの推測ですが、正直なところ早期償還の匂いがします。

この案件、担当者はkubota氏となっています、私の記憶が確かならばkubota氏初の大型案件ではと思います、ちなみにkubota氏は案件動画説明の人と同一人物です、動画によるとお名前は久保田正清さん、”正しく清く”良い名前ですね、今後の活躍に期待したいですね。

売却先A案件 おそらパチンコ

他の3件は事業性資金支援ローンファンド417号(案件1:C社、案件2:AN社)に126万円、事業性資金支援ローンファンド435号(案件1:C社、案件2:AN社)に100万円、事業性資金支援ローンファンド439号(案件1:C社、案件2:AN社)に200万円を投資しました、3件ともブロンズ以上のステータス案件で、合計426万円の投資になります、投資期間が2カ月、5ヵ月、6ヶ月と違うだけで投資先は同一です。

こちらの案件、maneo(マネオ)に投資してる方はお馴染みの案件ですね、過去にも成立ローン総額800億円突破記念ローンファンド7号(案件1:C社、案件2:AN社)事業性資金支援ローンファンド385号(案件1:C社、案件2:AN社)などもありましたね、担当者は全てmikata氏です。

 

実際の案件を見てみましょう

 

 

売却先Aはパチンコ屋さんだと推測されます、パチンコ屋で年商2,000億円はかなりの大手ですね、過去の実績も申し分ないし、期間が短いので今後資金をプレリートファンドに移動させる事も頭の片隅に入れて臨んでいたので、私ロドスタは投資を実行致しました。

過去の案件を見ると、正直なところステータス案件と言われても微妙な気持ちにもなりましたが、投資致しました。

 

2017年11月上旬のマネオステータス案件運用

東京都中央区案件

今回のステータス案件は私ロドスタの言葉でいうところのゲリラ作戦だったのですが、少し頭を使う必要がありました。

まず東京都中央区のkubota氏の案件ですが、募集要項に以下の様に書かれてます、勘の良い人なら、早い段階でステータス案件が続くことが推測できたと思います、なぜならmaneo(マネオ)が自主規制なのかスーパーのタイムセール方式を最近使ってないからです、スーパーのタイムセール方式を使わないと仮定すると、このままステータス案件が続くと推測ができました。

 

 

 

事実第1次募集から20次募集まで全てステータス案件でした。

 

売却先A案件 おそらくパチンコ

次にパチンコ屋案件と思われる案件ですが、以下の説明文からこちらも、期間を変えてステータス案件が続くことが推測できました。

 

 

 

黄色マーカー部分をご覧ください、総額14億9,970万円募集ということなので募集はまだ続く事が分かります、また過去の売却先A社の案件では期間と利回りが変更になって募集している事を知っていれば、ステータス案件が続くことを推測できます、また借手の利息は全て10%になっているので、こちらも過去のステータス案件は借手の利息は不変でmaneo(マネオ)の営業者利息で調整している事が分かれば投資家最高利回りが9%であることは予測可能でした、maneo(マネオ)の営業者利息は私が見た範囲では1%が最低です。

 

ロドスタのツイッター

参考までに2017年11月9日の私ロドスタのツイッターを貼っておきます、ステータス案件の推測についてのツィートになります。

 

まとめ

2017年11月の分配日、LCレンディングは最低投資額も少なくてすむし、分配日にあわせて案件出してくれるので、使い勝手が良いですね、ラッキーバンクは最低投資額の件で少し残念ではあります、まぁ毎回クリック合戦繰り返す様な人気ソーシャルレンディング事業者なので致し方ないのかも知れません。

maneo(マネオ)については、私ロドスタもステータス案件について批判を展開しましたが、初期のスーパーのタイムセール方式に比べると今回の様な運営は良くなったと思いますが、私ロドスタ個人としては「maneoステータス制度とSBI松本清張のミステリー」にも書いた様に、月初にステータス案件を予告する運営の方が時間が取れないサラリーマンにも優しいし、maneo(マネオ)にしても他ソーシャルレンディング事業者への牽制になると思うので良いと思います。

maneo(マネオ)の新プラットフォームも詳細が分からないので何とも言えませんが、2017年12月には500万円分配がありますし、今回の分配も短期案件に集中してるので移動も可能です。

 

   

海外投資ならクラウドクレジット!

OwnersBook

ロドスタは500万円投資中のオーナーズブック!マザーズ上場企業!

ラッキーバンク

 

<

SBIソーシャルレンディング

ロドスタは500万円投資中! なんといってもSBIグループ!

クラウドバンク

証券会社が運営するクラウドバンク!再生エネルギー関連もあり!

LENDEX

東急リバブルの査定結果利用

LCレンディング

ロドスタは500万円投資中

【201804】ソーシャルレンディング ランキング

独断と偏見で決める


ソーシャルレンディング事業者ランキングTop3


【201804】ランキング記事

コメントを残す

*