その他

【速報】みんなのクレジット テイクオーバーホールディングスから調整お見舞金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
      スポンサーリンク
告知

テイクオーバーホールディングスから調整お見舞金!?

みんなのクレジットの貸付先テイクオーバーホールディングス(旧ブルーウォールジャパン)から以下の案内がHPに記載されていました。

 

株式会社みんなのクレジット投資家の皆様へ

拝啓 春暖の候 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、(株)テイクオーバーホールディングスグループ(以下、T社グループ)は昨年の夏以降、(株)みんなのクレジット社(以下、「みんクレ社」)との間で全額分割払い弁済による調停和解を目指して協議して参りましたが不調に終わり、先日T社グループ向け債権が第三者に売却されました。
かかる行為は、T社グループが目指した投資家への全額分割プランとは真逆な結論であり、大変遺憾であります。

しかしながら、T社グループがみんクレ社から融資を受けていたことは事実であり、またその融資金の原資はみんクレ社の投資家の方々からの資金であることから、結果として間接的にご迷惑をおかけすることとなった投資家の皆様に対し、T社株主及びスポンサーで協議した結果、T社株主及びスポンサー主導でSPC(特別目的会社)を設立し、全投資家に対して「調整お見舞金」として、投資損失相当額を支給させて頂くことと致しました。

つきましては、皆様へ送金するための入力フォームを3月26日(月)に開設いたします(氏名、住所、会員番号、損失金額、等)。
フォーム開設後、必要情報をご入力頂き、弊社からの連絡をお待ち頂ければ、個別にご連絡をさせていただき、順次支払を開始させていただきます。
なお、若干名の、弊社に対し訴訟・紛争を提起されている方については、SPCからの支払対象外とさせていただきますので、支給を希望される場合は、訴訟取り下げ後に入力頂きますようお願い申し上げます(期限:2018/04/10まで)。

以上、御理解のほどお願い申し上げます。

敬具

株式会社テイクオーバーホールディングス

参照: http://to-h.jp/2018/03/14/info_02/

 

まとめ

今までの経緯から、すぐに信じる事はできないのですが、どの様な意図があるのか、正直な所、私も理解できません、また何故SPCを立ち上げるのかも良く分からないですね。

そもそも、みんなのクレジットとテイクオーバーホールディングスは別法人な訳ですし、どの様にして会員の特定、名寄せ作業をするのかも分からないです。

訴えの取下げが目的としても、既に訴訟をしてる人達は弁護士もついてるでしょうから、入金確認後に取下げなどの措置を取るでしょうし、なんとも言えませんね。

 

 

OwnersBook

ロドスタは500万円投資中のオーナーズブック!マザーズ上場企業!

海外投資ならクラウドクレジット!

ラッキーバンク

なんといっても業界No1!

SBIソーシャルレンディング

なんといってもSBIグループ!

クラウドバンク

証券会社が運営するクラウドバンク!再生エネルギー関連もあり!

LENDEX

東急リバブルの査定結果利用

LCレンディング

ロドスタは500万円投資中

TATERU FUNDING

東証一部上場企業が運営

Rodosuta
    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ソーシャルレンディングランキング!階級別TOP3!201801版

ロドスタの独断と偏見で決める!




ソーシャルレンディングランキング!階級別TOP3!


投資家利回りごとに4階級に分けました。


ランキング記事はこちら

コメント

  1. よーかん より:

    お疲れ様です。

    私もこちら拝見しましたが、全くもって先方の意図が分からず、不気味ですね。
    本来であれば、TOHが弁済すべきはみんクレ(サービサー)への債権のはずであり、
    SPCを組成したからといって、みんクレ債権への履行義務が消失する訳ではありません。

    損失を被った投資家にとっては、「調整お見舞金」といった名目の給付が受けられると言われれば、個人情報を渡してしまう方も出てしまいかねないので、FSAに実態把握の依頼を出しました。

    1. ロドスタ より:

      コメントありがとうございます

      SPCを作るのはなにかの意図を感じますね、倒産隔離の悪用なんじゃと邪推してしまいますね。

      お見舞金と言う単語も何か使い方間違ってると思うのですが、、、
      しかも調整との言葉もついてますし。

      明日、この件に関して注意すべき点を書いた記事をUPする予定なので、宜しければまた読んでください。

  2. たなか より:

    喜んで飛び付くところでした!

    1. ロドスタ より:

      コメントありがとうございます。

      参考になれば幸いです。

コメントを残す

*