インフラファンド&REIT

カナディアンソーラーインフラ、タカラレーベンインフラ購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
      スポンサーリンク
bat-company-office-7087

インフラファンド購入

ようやく、インフラファンドを購入致しました、購入銘柄はカナディアンソーラーインフラ投資法人とタカラレーベンインフラ投資法人です。

 

 

約566万円購入しました。

 

NISA口座

恥ずかしい話、NISAが始まった時に日本に居なかった関係で、NISA口座持ってません、今申し込み中です、近い内にNISA口座からもインフラファンド購入予定です。

 

ソーシャルレンディングからの資金移動

みんなのクレジット・ラッキーバンク事件からポートフォリオ見直し Part1」「みんなのクレジット・ラッキーバンク事件からポートフォリオ見直し Part2」でも書いた様に、ソーシャルレンディングの資金をインフラファンドに移動させています。

maneoから移動

 

2017年7月8日はmaneoからラッキーバンクに移動させました。

 

現状は約4,940万が貸出中です。

 

 

順位も36位まで下がりました、まぁどうでも良い話ですが。

 

 

SBIソーシャルレンディングとラッキーバンクは強制的に自分の銀行口座に戻ってくるので、今の所そのまま減って行っています、LCレンディング、OwnersBook、プレリートファンドは資金を減らさないので、そのままです。

 

 

資金移動の辛さ

私の性格の問題でもあるので、万人に当てはまるかは分かりませんが、ソーシャルレンディングからの資金引き上げは結構辛いものがあります。

 

以前の記事「日歩の思い出 ソーシャルレンディングにも役立つ!」で日歩の話を書いたのですが、ソーシャルレンディングの良い点として、ある意味毎日利息が発生してる事を書きました、私自身サラ金勤務が長いので、1日どの位の利息が発生してるのかは肌感覚で分かります、8,600万ソーシャルレンディングに突っ込んでると、年利7.3%、日歩2銭と仮定すると、毎日17,200円(税引き前)利益が発生してるとも言えます。

 

そう考えると、何か無駄にしてるんじゃないかといった気持ちにもなります。

 

特に私の様に分配金貰ったら、ある意味マシンの様に再投資に廻すやり方ですと、ちょっとソーシャルレンディングから資金引き上げるのは、なんとも言えない辛さがありますね、新しい投資先選択が間違ってたらどうしようとか、色々と悩みや迷いも出ますね。

今まで卓球のラリーの様に分配金を再投資に廻してた自分としては辛いものがあります。

 

via GIFMAGAZINE

 

 

まとめ

人それぞれだとは思いますが、ソーシャルレンディングから別の投資に切り替えるのは、結構エネルギーと言うか決意がないと難しいと思います。

ソーシャルレンディングの流動性のなさが、一層困難さに拍車を掛けますね、流動性があれば、”エイヤ”で一気に切り替えれるのですが…流動性がないので、何カ月、年単位で時間が掛かります。

逆に株式投資からソーシャルレンディングは楽でしょうけどね。

 

 

OwnersBook

ロドスタは500万円投資中のオーナーズブック!マザーズ上場企業!

海外投資ならクラウドクレジット!

ラッキーバンク

 東京ど真ん中案件多数!

<

なんといっても業界No1!

SBIソーシャルレンディング

なんといってもSBIグループ!

クラウドバンク

証券会社が運営するクラウドバンク!再生エネルギー関連もあり!

LENDEX

東急リバブルの査定結果利用

LCレンディング

ロドスタは500万円投資中

TATERU FUNDING

東証一部上場企業が運営

【201804】ソーシャルレンディング ランキング

独断と偏見で決める


ソーシャルレンディング事業者ランキングTop3


【201804】ランキング記事

コメントを残す

*

CAPTCHA