俺の投資スタンス

ソーシャルレンディング 貸倒れがほとんど無い裏側

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
      スポンサーリンク
バスの運転手

バスの運転手

私の友人でバスの運転手をしている友人がいます、彼曰く

 

「バスの運転手の仕事は何も起こさないのが仕事」だそうです。

 

バスの運転手の彼の話を聞くと、本当に大変だなと感じる事が多いです、例えば朝の朝礼で飲酒検査、始業前のバスの点検、終業後のバスの点検と再度の飲酒検査等、よくそこまでするなと感じる様な事が多々あります、睡眠時無呼吸症候群などの検査もあるそうです、健康診断も大変だと言ってました。

一度彼が運転するバスの中で老人が転んだそうです、その際彼は老人にその場で謝罪し後日上司と老人の家まで行って謝罪したそうです、私はそこまでする必要あるのかなと疑問を感じましたが、その位は当たり前だそうです、皆さんもバスの中でバスの運転手さんが「バスが完全に停車するまで席を立たないでください」と言ったアナウンスをするのを聞いた事があると思います、バスの運転手の友人いわく、本当に頼むから立たないでくれと思ってるそうです。

 

貸金業の難しい点

私もサラ金勤務が長いので、分かるのですが、皆さんもサラ金、貸金業と聞くと真っ先に思いつくのは。

“どんな取り立てしてるの?”とか”払わなかったらどうなるの?”などと取り立てや督促、債権管理の面に関心を持たれると思いますが、正直な所、最も難しく困難な点は営業です、そもそも貸金業は貸さなきゃなにも始まりません、貸さなければ利益は出ないですし、そもそも督促もできません、またどんなに督促能力が高くても限界はあります、最初にキチンとした貸付を行わないと、その後に困難が待っています。

日常的に延滞が発生する消費者金融でも営業の方が大事ですので、もっと延滞の少ないソーシャルレンディングでは尚更、営業の能力が大事になってきます、これだけ貸し倒れ0が続いてる状態で安全な貸付先を探すのは大変なプレッシャーだと思います。

野球に例えると2011年の日本シリーズ、中日vs日本ハムの第5戦、中日が3勝1敗で日本一に王手をかけた、あの試合で中日の山井が8回まで完全試合を行っていましたが、落合監督が9回から岩瀬に代え、日本中に賛否両論を巻き起こしたあの試合の岩瀬の心境でしょうね、凄まじいプレッシャーだと思います。

 

まとめ

ソーシャルレンディング投資は現状、貸し倒れもなく今のところ非常に順調に発展しています、ただ私ロドスタが思うに我々投資家は、この状態を当たり前と思ってはいけないと思います、貸し倒れのないのはソーシャルレンディング業者の中の人の努力があります、ソーシャルレンディング業者の方もバスの運転手の様にある意味「なにも起こさないのが仕事」です、我々投資家も時に“なにも起こらない裏側に時に思いを馳せる”必要があるのではと私ロドスタは思います。

   

海外投資ならクラウドクレジット!

OwnersBook

ロドスタは500万円投資中のオーナーズブック!サイトも使いやすい!

ラッキーバンク

 

<

SBIソーシャルレンディング

ロドスタは500万円投資中! なんといってもSBIグループ!

クラウドバンク

証券会社が運営するクラウドバンク!再生エネルギー関連もあり!

LCレンディング

ロドスタは500万円投資中

Rodosuta
    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【201804】ソーシャルレンディング ランキング

独断と偏見で決める


ソーシャルレンディング事業者ランキングTop3


【201804】ランキング記事

コメント

コメントを残す

*