俺の投資スタンス

ラッキーバンク 遅延問題と早期償還・撤退の判断ミス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
      スポンサーリンク
撤退

ラッキーバンク 遅延問題と早期償還・撤退の判断ミス

今回はラッキーバンクの事件からの教訓と自分の判断ミスについて記事にしたいと思います。

 

以前同じような内容「みんなのクレジット・ラッキーバンク事件からポートフォリオ見直し Part1」「みんなのクレジット・ラッキーバンク事件からポートフォリオ見直し Part2」を書きました、基本的な考えは今も以前の記事のままです。

 

今回の記事はある意味その追加でもあります

 

ラッキーバンクへの投資元本推移

私がラッキーバンクへ初めて投資資金を投入したのは、2016年6月30日に500万円でした、その後2017年7月12日に4,817千円、投資資金を投入しました。

 

ラッキーバンクへの投資資金投入は全部で上記2回、計9,817千円です。

 

ラッキーバンク異動明細

 

まぁ上記も今となってはミスといえばミスなんですが..

 

今振り返ると、特に大きなミスが以下の判断です。

 

マネオ振込依頼履歴

 

ラッキーバンク異動明細

 

 

私は2017年7月8日に、あまりにマネオの早期償還が続いて嫌気がさしたのと、ソーシャルレンディングの調子が良くて調子に乗って、マネオから4,817千円引き出して、そのまま4,817千円をラッキーバンクに投資してしまいました。

 

早期償還に対するスタンス

当時は、早期償還に対して自分の考えが曖昧でした、早期償還は利回りも低下するので、あまり歓迎されません、ただ今は早期償還は、ある意味健全の証の一つと考えるようにし、ポジティブに捉えるようにしてます。

ただ当時はソーシャルレンディングも1年経ちあまりに調子に乗ってしまい、またマネオの早期償還も怒涛の様に来たのが重なり、ついラッキーバンクに資金を移動させてしまいました。

 

撤退時期

これは結果論になってしまいますが、ラッキーバンクに行政処分勧告が出たのが、2018年2月20日。

普段、頂いた分配金は再投資にまわしていくのですが、どうもリファイナンスが多いなと感じたのと、嫌な予感がしたので再投資をやめて2018年2月7日に口座内の資金を引き出しました。

 

ただご存知の様に、時すでに遅しで、待に合わなかったです。

 

 

こちらに対する対策は

  1. 投資しない際も案件をチェックし不審な点がないか確認する。
  2. 信頼できる業者のみで取引
  3. とにかく早めに先を見越して動く

 

上記の3点かと思いますが、現実的には2と3になりますかね、ただたまには1も行っていくようにしたいと思います。

 

まとめ   

今となっては後の祭りですが、4,817千円の追加は早期償還に対するスタンスをキチンと決めていれば防げなたかなと思っています。

撤退に関しては、実際問題なかなか難しいので、とにかく信頼のできる業者での取引という事にしていこうと思います。

早期償還に対する考えは人それぞれだとは思いますが、私個人としては、ポジティブに捉えています。

 

また今後は「みんなのクレジット・ラッキーバンク事件からポートフォリオ見直し Part2」でも書いたように、”ソーシャルレンディングは安全第一、リスクを取るなら株式投資”をモットーに取り組んでいきたいと思います。

 

   

OwnersBook

ロドスタは500万円投資中のオーナーズブック!マザーズ上場企業!

海外投資ならクラウドクレジット!

<

なんといっても業界No1!

SBIソーシャルレンディング

なんといってもSBIグループ!

クラウドバンク

証券会社が運営するクラウドバンク!再生エネルギー関連もあり!

LENDEX

東急リバブルの査定結果利用

LCレンディング

ロドスタは500万円投資中

TATERU FUNDING

東証一部上場企業が運営

Rodosuta
    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【201804】ソーシャルレンディング ランキング

独断と偏見で決める


ソーシャルレンディング事業者ランキングTop3


【201804】ランキング記事

コメント

  1. 高橋 より:

    まだ判断ミスとは言えないと思います。ロドスタさんはラッキーバンクに具体的に何かアクションしますか?たとえば弁護士同伴で行くとか?あとラッキーバンクは営業再開しますかね?

    1. ロドスタ より:

      何らかのアクションについては現時点では判断出来てないです。

      営業再開については、どうでしょうか、厳しいと思います。

      せめて4月2日までに、キチンと状況説明して、今後の方針なり誠意ある対応があれば可能だったかも知れませんが。

    2. クソ翔平 より:

      ロドスタさんだけ頼りより、みんなが集まって対応策を考えた方がいいと思います。
      ロドスタさんにお願いしたいですが、みんなさんを集めていただけますでしょうか?場所は私の方提供できます

      1. ロドスタ より:

        申し訳ございません

        ちょっと協力は致しかねます。

  2. 阪神 より:

    はじめまして今日、本社へ行きました。
    年配の方(おそらくNO2)の方と5分ぐらい話しました。
    内容は↓
    社員の誰かが今日も金融庁に行っている。
    サービサーには渡さない。
    物件は一つ一つ売れるよう手続している。
    すぐには倒産しない。
    でした。
    私を安心させるためにそう言ったのかもしれませんが、目を見て誠実そうな方でした。
    今はサービサーに渡さない事を信じるしかありません。
    母親の介護施設入所金として800万を目標に積んでいたのであと200万の所で失いたくありません。
    投資家は誰もいないようでしたが、朝から電話が多かったとのことでした。
    今は金融庁に頑張ってもらいたいですね。
    あとラキバンのHPに苦情先が載っていましたw

    貸金業における指定紛争解決機関
    日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター
    〒108-0074 東京都港区高輪3-19-15
    連絡先電話番号:03-5739-3861

    金融商品取引業における苦情処理措置および紛争解決措置
    証券・金融商品あっせん相談センターの利用
    〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第ニ証券会館
    連絡先電話番号:0120-64-5005

    話は変わりますが、この前、マツダのR&Dのイベントで社員の方と話をしました。
    初代ロードスターの部品再生産に掛ける思いをひしひしと感じました。
    2,3代目はまだ部品があるそうです。
    全ての代で末永く愛用できそうですね。
    あとRX7(FD)のFフェンダーは新車時と同じほどの枚数をプレスしているそうですw
    事故にはくれぐれもお気を付け下さいませ。

    1. ロドスタ より:

      コメントありがとうございます。

      行かれたんですか!

      凄いですね。

      私としても、ラッキーバンクが誠実に対応してくれるのを祈るのみです。

      初代ロードスター、大昔に乗ってました。

      あの再生かなりの金額なのに、人気らしくて凄いですね。

      初代ロードスターは本当に良かったですね。

      1. ロドスタファン より:

        ロドスタ様
        いつもブログを拝見させていただきます。
        ロドスタ様に感心していますが、祈る以外何もできないというところは、どうしても理解できないです。
        きっとあるはずです。それを探すのがヒーローの責任です。
        今回ラッキーバンク事件ので、我々投資家を代表するヒーローはロドスタ様しかいないと思います。
        私がロドスタ様ほどの影響力がないため、非常に悔しいです。

        1. ロドスタ より:

          コメントありがとうございます。

          そうおっしゃって頂けるのはありがたいですが。

          私自身はヒーローでもなんでもないので。

  3. 匿名さん より:

    ロドスタ様

    以前ラキバンの305号案件の異変を報告した通りすがりです。

    GW前に305号の償還お知らせが来て安堵したのも束の間、先日の大量の返済遅延にはさすがにガッカリ。
    ラキバンの各案件毎の進捗状況を見る限り、現在第三者と契約中で決済待ちの案件、売買契約交渉中の案件、プロジェクト自体見直しで先行き不透明な案件、テナントは付いて賃料収入は見込める案件、工事が滞っている案件、等々様々なパターンが見受けられます。
    さすがに一律サービサーへ売却という事は無いと思いますが、注視は続けた方が良さそうですね。

    ワタクシもある程度の元本毀損は覚悟しておりますが、金融庁も昨年2月にラキバンに行政検査入ってから1年後に処分てその間何を検査してたの?とは思いますね。
    ロドスタ様は撤退の判断ミスと仰いますが、ワタクシは参入の判断ミスです(苦笑)
    ワタクシがラキバンの案件に初めて投資したのが、実はかの305号案件でした。
    当時は金融庁の立ち入りから約半年経っても、ラキバンは次々に瞬間沸騰の案件を募集していたので、試しに305号に50万円投資しました。
    その後も3ヶ月ほど様子を見ながら、別案件で早期償還が続いたり順調に利息の分配も続いていたり、1案件で数百万円投資している方もいるのを目にしたりで、安堵して投資額を増やした結果がこの有り様です。
    行政処分直前の1~2月案件には4案件で数百万円入れました。
    投資は自己責任とは言うものの、X社との関係やリファイナンスの件は金融庁も随分早くから察知していたはずなのに、対処遅いのは若干不満なところです。
    みんクレやS一族への対処も甘々に感じます。

    改めて言うほどことではないですが、SL業者の選別てホント大事ですね~。

    ちなみにワタクシは特にアクション起こさず、暫く注意深く静観するつもりです。

    1. ロドスタ より:

      コメントありがとうございます。

      私の場合、今となっては最初の参入も問題なのですが。

      マネオの早期償還に嫌気が差したのがマズかったですね。

      仰るように、SL業者の選別は大事ですね、私はもう上場系のオーナーズブック、LCレンディングSBIソーシャルレンディングとマネオとマネオ直系に絞ろうと思ってます。

コメントを残す

*

CAPTCHA