ランキング

ソーシャルレンディング ランキング前哨戦 5%以下部門

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
      スポンサーリンク
ボクシング

ソーシャルレンディング ランキング前哨戦 5%以下部門

ソーシャルレンディングランキング記事「ソーシャルレンディング ランキングTop3」最新版は2018年1月ですが、今後また随時見直しなどもしていきたいと考えています、そこで今回は5%以下の階級について、下調べがてら検証してみたいと思います。

 

5%以下部門 各社出場選手入場!

 

 会社名 投資家利回り 業者利益 案件
オーナーズブック 4.5% 2% 杉並区新築マンション第2号ファンド第1回 
LCレンディング 5% 不明  LCGF314号 6か月運用型
maneo(マネオ) 4.9% 2.1% 不動産担保付きローンファンド1040号
プレリートファンド 5% 不明 【maneo株式会社保証付き】ヘルスケア・プレリートファンド16号 

 

上記4案件について比較検討してみたいと思います。

 

オーナーズブック

杉並区新築マンション第2号ファンド第1回 

 

担保は杉並区西荻南で新築でLTV79.3% 利回り4.5%です、営業者利回り2%です、担保順位1位ですね、また何と言っても新築です、この点も安心材料の1つです。

 

もちろんオーナーズブックさんの親会社ロードスターキャピタルは上場企業であり、事業者リスクもソーシャルレンディング事業者の中でも最も低い部類に入るのは間違いないと私ロドスタは思います。

 

 

 

 

LCレンディング

LCGF314号 6か月運用型

LCレンディングは福島県双葉郡のホテル案件です、LCホールディングスの保証付き案件になります、利回り5%で営業者利益は締め切り後だったんで不明です。

こちらもLCホールディングスの保証がついてるので安心ですね。

 

 

 

こちらの案件はLCレンディングの山中健司社長のブログが詳しいです「福島県双葉郡ビジネスホテル その4」です。

 

もう上記ブログを読めば場所も分かりますね、バリュー・ザ・ホテル広野で検索しホテルの空室状況なども念のため見てみました。

 

※2018/1/28 現在

 

LCホールディングスの保証つきなので非常に堅い案件と考えられます。

 

maneo(マネオ)

不動産担保付きローンファンド1040号(案件1:C社、案件2:AN社)

 

こちらはステータス案件でブロンズ以上(100万円以上の口座残高)となります、利回り4.9%で2.1%が営業者利益、担保は川崎のマンションで担保掛目は92%で担保順位は第二順位となります、ちょっとオーナーズブックやLCレンディングの上記案件と比較すると、見劣りしますね。

 

 

 

プレリートファンド

 【maneo株式会社保証付き】ヘルスケア・プレリートファンド16号

 

新顔プレリートファンドにも登場してもらいましょう、以前の記事「maneo(マネオ)グループ 口座統一できない理由」でも紹介したように、プレリートファンドはmaneo(マネオ)直系でもあるので、事業者リスクは低いと私ロドスタは判断しています。

 

こちらの案件はmaneo(マネオ)の保証付きなので、安心感ありますね、こちらの案件は1,500万の募集なのですが、500万ずつ3件の案件から構成されています、3件とも老人ホームになります。

 

なかなか単純に他社の案件と比較するのは難しいですね、決して悪い案件ではないと思いますが、現時点ではプレリートファンドは募集には苦戦していますね、やはり以前の記事「プレリートファンド 突然のキャンセルの理由とは」にも書いた一物二価が尾を引いてるのでしょうか?

 

まとめ

上記4案件を比較するとLCレンディングが一歩リードかなとは思いますが、LCレンディングも「ソーシャルレンディングと回転寿司 3つの共通点」にも書いた様に、いつ案件が出るか読みにくい部分があります、投資のしやすさで言えばオーナーズブックに分があるのかなと思います。

 

maneo(マネオ)に関しては、オーナーズブック、LCレンディングに比較すると、ちょっと落ちますね、プレリートファンドも悪くはないと思いますが、「プレリートファンド ヘルスケア分野 貸倒れ検証」でも書いた様な老人ホーム特有の不祥事が怖いですね、この案件はmaneo(マネオ)保証あるから大丈夫ですけど。

 

実際問題5%以下の利回りで充分、これ以上リスク取りたくないという立場の方、例えば子供の学費目的とか年金生活者の方はOwnersBookとLCレンディングの2社のみに分散投資で良いのではと私ロドスタは思います、もっと分散したいのならプレリートファンドのmaneo(マネオ)保証付き案件も加えても良いかも知れません。

 

前哨戦の順位はオーナーズブックとLCレンディングは同率1位って所ですかね、3位以降は以下の順番です。

 

1位 オーナーズブック

1位 LCレンディング

3位 プレリートファンド

4位 maneo(マネオ)

 

OwnersBook

ロドスタは500万円投資中のオーナーズブック!マザーズ上場企業!

海外投資ならクラウドクレジット!

ラッキーバンク

ロドスタは1,000万円以上投資中! 東京ど真ん中案件多数!

ロドスタは5,000万円以上投資中!業界No1!

SBIソーシャルレンディング

ロドスタは500万円投資中! なんといってもSBIグループ!

クラウドバンク

証券会社が運営するクラウドバンク!再生エネルギー関連もあり!

LENDEX

東急リバブルの査定結果利用

LCレンディング

ロドスタは500万円投資中

ソーシャルレンディングランキング!階級別TOP3!201801版

ロドスタの独断と偏見で決める!




ソーシャルレンディングランキング!階級別TOP3!


投資家利回りごとに4階級に分けました。


ランキング記事はこちら

コメントを残す

*